pain

胃が痛い・みぞおちが痛い・背中が痛い

発熱外来

発熱外来

詳しくはこちら

24時間受付中
WEB予約

  • HOME>
  • 胃が痛い・みぞおちが痛い・背中が痛い

胃・みぞおち・背中が痛む

テキストテキスト

消化器疾患が原因で痛みが生じることがありますが、異常が生じている部位によって痛みの種類や部位は異なります。感じ方は人それぞれですが、ズキズキと鼓動を打つような鈍い痛み、キリキリとした鋭い痛みのように形容されます。

ウイルス感染などの急性疾患であれば自然治癒することもありますが、症状が慢性的にみられる場合は何らかの消化器疾患の可能性もあります。胃・みぞおち・背中に痛みや違和感を覚えた際は、できるだけお早めに加古川うおずみクリニックまでご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 前触れなく突然痛みが出る
  • 痛みで冷や汗をかく
  • 食後に痛みが出る
  • 朝や夜など決まった時間になると痛む
  • 痛みと同時に発熱や嘔吐などがある
  • 便に血が混じっている(血便・下血) 
  • など

考えられる疾患

胃炎

何らかの理由で胃の粘膜がダメージを受け、炎症を起こした状態のことを「胃炎」と呼びます。胃炎が生じている期間によって「急性胃炎」と「慢性胃炎」とに分けられ、前者は自然に軽快することがありますが、後者は適切な治療が必要となります。特に慢性胃炎はピロリ菌感染によるものが多く、長期化によって胃がんなどのリスクを上昇させる可能性もあります。

主な症状としては胃・みぞおちの痛みや胸焼け、吐き気などが挙げられます。急性胃炎は症状が強く現れる傾向にあり、その一方で慢性胃炎では無症状なこともあります。胃がんなど他の消化器疾患を否定するためにも、胃炎の症状が現れた際は早めの受診をお勧めします。

逆流性食道炎

胃酸や胃の内容物が食道へ逆流すると、食道の粘膜が炎症を起こすことがあります。この状態を「逆流性食道炎」と言います。胸焼けや呑酸(酸味・苦みを感じる)などの症状のほか、胸焼けによる胃の不快感や、胃腸の機能低下や血流の悪化によってみぞおち・背中に痛みが生じることもあります。

機能性ディスペプシア

胃の痛みや下痢、胸焼けなど、胃炎に似た症状があっても、検査では器質的な異常を認められないケースも存在します。こうした状態を「機能性ディスペプシア」と呼びます。

命に関わるような重篤な疾患ではありませんが、長引く症状によって日常生活に大きな影響を与えかねません。疾患の性質上、根治的な治療が困難であるため、適切な治療と日々の管理によって病気とうまく付き合っていく必要があります。

胃がん

胃粘膜に生じた悪性腫瘍を「胃がん」と呼びます。進行すると命に関わる疾患であるにもかかわらず、初期の胃がんは自覚症状に乏しいという厄介な特徴を持っています。そのため定期的な検査によって早期発見・早期治療に努めることが重要です。初期の胃がんであれば十分に治癒も見込めます。

なお、慢性胃炎(ピロリ菌感染)は胃がんのリスクを上昇させるため、罹患している、あるいはピロリ菌への感染歴がある方は特にご注意ください。

胆石症

胆石症は、肝臓に付随する胆のうの内部、あるいは胆管内に結石が生じる疾患です。結石が生じた部位によって症状は様々ですが、石が胆のうの出口付近にはまり込むと発作的激痛をもたらします(疝痛発作)。この場合の痛みはみぞおちを中心として起こりますが、右肩や背中の痛みを伴うこともあります。

食後、特に油ものを多く食べた際に発作が起こることが多い傾向にあります。

アニサキス症

魚介類の内臓や筋肉に棲みつく寄生虫の一種であるアニサキスが、胃や腸壁に感染することで様々な症状を引き起こすことがあります。アニサキスは多くの場合で胃に感染してみぞおちの激しい痛みや吐き気などを起こしますが、稀に腸などに感染することもあります。

アニサキスはヒトを宿主にできないため1週間程度で自然に死滅しますが、内視鏡を用いて除去することで症状はすぐ治まることも多いです。魚介類の生食後に症状に見舞われた際は、まずアニサキス症を疑い、医療機関を受診することをお勧めします。

 急性虫垂炎(盲腸)

大腸のはじまりの部分にある、虫垂と呼ばれる部位に生じた炎症により起こる疾患です。右下腹部の激しい痛みが特徴ですが、初期段階では胃やみぞおちの痛みとして現れることがあります。

処置が遅れると命に関わることもありますので、疑われる場合はただちに医療機関を受診してください。

TOP